生ぬるい南国の冬の夜

  暗闇にかすかな小さな光の点を探し歩くと 真っ暗な世界もどんどん華やかに広がってく   微かな光 月 見えない道路、光る水溜まり 照らしだされる木々のかたち 私たちのかたち
合間から覗いてる月、見つけ出してどこまでもついてくる月 暗闇の中に伸びていく私の真っ黒な影。   いっそ光なんてなければいいのに 世界が優しくて この世に期待をしてしまう 過ぎ去っていったものは帰ってこないのに どんなに生ぬるくてもいまはやっぱり冬 逢いたいな 逢いたいな 逢いたいな いますぐここに。 電照菊電照菊電照菊