理解できないことを 理解できないまま受け入れる

橋の下世界音楽祭 この世に無数にある人とその表現
理屈とか倫理とか善悪とか関係ない それがその人の世界だから イマジン 誰かの世界を共有できる感性ってことにしとこ 自分を手放して明け渡していける自由さ そうして自分の中に新たな世界が訪れる もっと自分を壊して 終わる夜 明ける空 一刻もはやく梅雨明けを引き寄せるんだ