【全国の小学生の皆さんから、軽石を入れる土のう袋のプレゼントが沖縄に届きました!】

★ライターヘルパーラッコちゃん記★
2021年8月に小笠原諸島で発生した火山噴火によるとされる、軽石が沖縄に漂着し、観光・漁業などに影響を与えています。
沖縄全域に漂着した軽石は、漁港やビーチ一面を灰色にしており、ボランティアの方の皆さんと頑張っていますが、拾っても拾ってもキリがありません。
軽石拾いは、土のう袋に詰めると1袋約20キロにもなる重労働。
拾っても拾っても終わりの見えない軽石拾いは、時に心が折れそうになります…。
でも子どもたちから頂いた土のう袋には、あたたかでカラフルなイラストやメッセージが入っています。
小学生の皆さんのあたたかいメッセージやイラストを見て、すっごく励まされました!
中には「東日本大震災の時、他の人に助けられたから、自分も誰かの役に立ちたい!」とのメッセージも書かれていて、その健気さ、優しさに、ちょっと泣きそうになりました…!
結家女将の結ねぇはじめスタッフ一同大感謝しています!!!
困っている人のために行動できる人の凄さ、パワーを全力で受け取って、これからも軽石拾いを頑張ります!!
全国の小学校の皆さん、ありがとうございます!
そして一緒に頑張ってくれているボランティアの皆さん、ありがとうございます!
軽石が無くなった、青く透き通る沖縄のビーチにぜひ遊びにきてくださいね〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です